◇Japanese curture

日本人が知っておくべき「行事」「しきたり」「文化」などなど、、、
私自身のメモ的ページです。


<初詣>
年が変わり、夜が明けてからお参りに行くのが初詣です。
風呂に入ったり、身なりをきれいにして身を清め初詣に行くのが礼儀です。
除夜の鐘を聞きながら、まだ暗いうちにお参りするのは「除夜詣」と言い、初詣をしたことにはなりません。


<七草粥>
一年間の無病息災を願い、五節句のうち「人日の節句」(1月7日)の朝に食べられます。
地域によって異なるようですが、
「セリ」「ナズナ(ぺんぺん草)」「ゴギョウ」「ハコベラ」「ホトケノザ」「スズナ(カブの葉)」「スズシロ(大根の葉)」の7種を刻んで具にします。


<盆>
本来は日本において、祖先の霊を祀る行事のことで、
七夕・送り火・盆踊りなどさまざまな風習が残っていますが、
現在はより庶民に身近になり、家族の先祖を供養する時期と認識されています。
8月15日前後は一般的に「お盆休み」と言われていますが休日として定められているものではなく、
こうした先祖の霊を祀る一環として、この期間に多くの方がお墓参りをされることで、
日本の社会そのものが盆の風習に合わせているようです。


<彼岸>
彼岸は秋のイメージがありますが、その年の春分・秋分を中心に前後3日間を加えた、春秋各7日間のことを指します。
ちなみに、春分・秋分は年に2回ある昼と夜の長さが同じになる日のことです。
この期間も盆と同様に先祖を供養する風習があり、
お墓参りや神棚・仏壇にぼたもちを供える習慣が残っています。


<大晦日>
現在は年の最終日である12月31日を指します。
この日を含め、元旦に「歳神様」をお迎えするための準備として、
大掃除(すす払い)・門松の準備・年越しそば・除夜の鐘などの風習が残っています。
大掃除や門松の設置は29日・31日は、お迎えする歳神様に対して失礼になるので避けましょう。


△TOP